ウォーターサーバーの普及

ウォーターサーバーが近年普及しています。なぜウォーターサーバーが注目され始めたのでしょうか? - ウォーターサーバーの普及について

更新情報

アーカイブ

http://www.suntoryws.com/ http://www.aquaclara.co.jp/ http://www.frecious.jp/

ウォーターサーバーの普及について

機械や道具を買う際、普及率というのは一つのポイントになります。
誰も持っていないような物だと、買う時ちょっとためらってしまいますよね。
ではウォーターサーバーの普及率はどうなのか、気になる普及率を調べてみましょう。
普及率の伸び率に期待
ウォーターサーバーは、まだ「どの家庭にもある必需品」と言えるほど普及はしていません。
やはり贅沢品や業務用というイメージが強く、食器洗い機などと比べると普及率は低いです。
しかし年々普及率を伸ばしているのも事実。
特に最近は災害用として注目されていますし、各メーカーから意欲的な製品が多数登場しています。
また、無料でレンタル出来るウォーターサーバーが増えているのも、普及率上昇に一役買っているのです。
このような理由から、普及率はまだ低いけど今後の普及率には大変期待出来ると思います。

海外での普及率は高い
日本ではまだ普及率は低いですが、外国の先進国では多くの家庭にウォーターサーバーがあります。
特にアメリカでは普及率が50パーセントを超えているとも言われています。
つまり海外では家庭における必需品としての立ち位置をどんどん獲得しているのです。
そして、海外での流行は数年遅れて日本にやって来る、という傾向が強い事が注目点。
海外で流行っているウォーターサーバーが、日本でも流行る可能性は十分あるでしょう。
流行の先駆けになる?
日本での普及率はまだ低いですが、だからと言って導入をためらう必要はありません。
ウォーターサーバーの流行りの波は、確実に押し寄せてきています。
今の時代にウォーターサーバーを導入すれば、流行の先駆けになれるかもしれませんね。
ウォーターサーバーは、どの製品も比較的大きさが似たり寄ったりの傾向が強いです。
業務用でも無い限り特別大きかったりする物はほとんどありません。
そしてサイズが似ているのはそれなりの理由があるみたいです。
現時点でのベストサイズ
床置きタイプなら横幅30センチ、奥行き30センチ、高さ100センチ前後の物ばかりです。
機種によってもちろん差は異なりますが、大体これくらいのサイズが一般的でしょう。
そしてサイズが似ているのは、別にメーカーが真似をしているという訳ではありません。
と言うのも、現時点の技術ではこれくらいのサイズがベストだからなんです。
hupkuy
床置きでこれ以上小さくするとタンクやボトルを小型にして、その分容量を犠牲にする必要があります。
そして高さはこれよりもガクンと下げると、それはもう卓上タイプになってしまうのです。
床置きタイプと卓上タイプの決定的な違いは?
床置きタイプと卓上タイプを比べた場合、その決定的な違いは高さです。
実は卓上タイプといっても、横幅と奥行きは床置きとそんなに変わらない機種は珍しくありません。
ただ、卓上の特徴はとにかく縦幅が短い事なのです。
一般的な床置きタイプは100センチですが、卓上タイプなら50センチ前後になります。
やはり卓上と言っても、横幅や奥行きを減らすとボトルとタンクの構造上の問題が出てきます。
だから縦幅だけ短くする事で、スリム化を実現しながらもボトルとタンクの容量を確保しているのです。
横幅30センチは短い?
zhytytd
横幅30センチを短いと考えるか、長いと考えるか。
それは人によって考え方や部屋の環境が違うのでなんとも言えないかもしれません。
しかし30センチ程度なら、ちょっとしたスペースに十分収まるサイズです。
だから一般的に考えるなら、横幅は短いサイズと言っていいでしょう。

Copyright(C)2015 ウォーターサーバーの普及 All Rights Reserved.